演歌を聴こう!


石川さゆり

石川さゆりが熊本県飽託郡飽託村出身の演歌歌手です。「津軽海峡・冬景色」「天城越え」など数々のヒット曲を生み出し、今や演歌界を代表する歌手として知られています。伸びやかで透明感のある歌声は、演歌を知らない世代にも影響を与えるほどの魅力を持っています。

演歌の名曲

プロフィール

1958年1月30日生まれ。本名、石川絹代。小学1年生のとき、島倉千代子の歌謡ショーに接して感動し、それがきっかけで歌手を志すようになります。小学5年、10歳の時に一家で横浜市神奈川区に転居し、のちに歌のレッスンを受け始めます。横浜市城郷中学3年の夏休みに、フジテレビの「ちびっ子歌謡大会」に参加できなくなった友人の代わりとして出場し見事合格。同年秋にフジテレビの連続ドラマ「光る海」で沖雅也の妹役としてレギュラー出演しました。1973年3月25日、「かくれんぼ」でアイドル歌手として日本コロムビアよりデビューを果たします。キャッチフレーズは“コロムビア・プリンセス”でした。しかしデビューから暫くは「花の中三トリオ」などの影に隠れて、大きな人気を得るには至りませんでした。1973年には松竹公開の映画「としごろ」で藤沢淳子役を演じ、大胆なヌードを公開しました。それから4年後の1977年に「津軽海峡・冬景色」が大ヒットとなり、第19回日本レコード大賞歌唱賞など、数々の音楽賞を受賞しました。また、同1977年発売の「能登半島」「暖流」もヒットし、19880年代に入ってからも「波止場しぐれ」「天城越え」「夫婦善哉」「滝の白糸」「風の盆恋歌」など順調にヒット曲を世に送り出し、日本を代表する女性演歌歌手の一人となりました。年末恒例の「NHK紅白歌合戦」には、2012年現在で通算35回出場しています。また、刑事ドラマ「大空港」に女性刑事役でレギュラー出演し、近年も「功名が辻」に出演するなど、女優としても活躍しています。プライベートでは1981年に、元マネージャーの馬場憲治と結婚しました。1984年2月に長女を出産するも、1989年2月に離婚したため、現在は独身です。本人はこのことについて「私は平成に入って最初に離婚した芸能人」と明るく語っています。ちなみに好きな男性のタイプは「年下より私はずっと年上の人がよくて、いろいろ教えてくれる人のほうがいい」と語っています。デビュー時からホリプロに所属していましたが、現在は個人事務所「株式会社さゆり音楽舎」を設立し1997年に独立しています。所属レコード会社は、デビューから20年間日本コロムビアに所属していましたが、1993年にポニーキャニオンへ演歌部門第一号として移籍しました。1999年に同社の演歌部門が撤退となり、2000年にテイチクエンタテインメントへ移籍し現在に至ります。

ディスコグラフィー

  • 1973年「かくれんぼ」
  • 1973年「青い月夜の散歩道」
  • 1974年「おもいで」
  • 1974年「いつでも初恋」
  • 1974年「泣き虫列車」
  • 1974年「白い手袋・ささの舟」
  • 1975年「ちいさな秘密」
  • 1975年「あなたの私」
  • 1975年「青い山脈」
  • 1975年「私でよければ」
  • 1976年「霧のわかれ」
  • 1976年「十九の純情」
  • 1976年「あいあい傘」
  • 1976年「花供養」
  • 1977年「津軽海峡・冬景色」・・・第19回日本レコード大賞歌唱賞受賞、FNS歌謡祭最優秀グランプリ受賞
  • 1977年「能登半島」・・・第3回日本テレビ音楽祭グランプリ受賞
  • 1977年「暖流」
  • 1978年「沈丁花」
  • 1978年「砂になりたい」
  • 1978年「火の国へ」
  • 1978年「流氷」
  • 1978年「春一輪」
  • 1979年「命燃やして」
  • 1979年「傷だらけの恋」・・・映画「トラック野郎」挿入歌
  • 1980年「あなたに帰りたい」
  • 1980年「みちゆき博多発」
  • 1980年「鴎という名の酒場」
  • 1981年「なみだの宿」
  • 1981年「天の川情話」
  • 1982年「ほととぎす」
  • 1982年「漁火挽歌」
  • 1983年「あなたのためなら」
  • 1983年「港の潮暦」
  • 1983年「東京かくれんぼ」
  • 1984年「東京めぐり愛」
  • 1985年「春の雪」
  • 1985年「雨あがり」
  • 1985年「紫陽花ばなし」
  • 1985年「ふたり傘」
  • 1985年「波止場しぐれ」・・・第27回日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞
  • 1986年「デュオ雨あがり」
  • 1986年「裏町夫婦草」
  • 1986年「大阪つばめ」
  • 1986年「天城越え」・・・第28回日本レコード大賞金賞受賞
  • 1987年「夫婦善哉」・・・第29回日本レコード大賞金賞受賞
  • 1987年「浪花姉妹」
  • 1988年「さとならの翼」
  • 1988年「滝の白糸」
  • 1988年「フラワー&グリーン」
  • 1989年「風の盆恋歌」・・・第31回日本レコード大賞最優秀歌唱賞受賞、日本作詞大賞大賞受賞
  • 1989年「生まれてよかったね」
  • 1990年「恋は天下のまわりもの」
  • 1990年「うたかた」・・・日本作詞大賞大賞受賞
  • 1991年「ウイスキーが、お好きでしょ」・・・演歌ではない。「SAYURI」名義。
  • 1991年「越前竹舞い」
  • 1991年「君の名は」
  • 1991年「恋のためなら」
  • 1991年「港唄」
  • 1992年「春夏秋冬」
  • 1993年「合縁坂」
  • 1993年「純・情歌」
  • 1994年「飢餓海峡」
  • 1994年「心の酒」
  • 1995年「大阪のおんな」
  • 1995年「日本海の詩」
  • 1996年「昭和夢つばめ」
  • 1996年「北ものがたり」
  • 1997年「梅に鶯」
  • 1997年「恋路」
  • 1997年「好きだから」
  • 1997年「たんぽぽ」
  • 1997年「夕顔情話」
  • 1997年「愛告鳥」
  • 1997年「残照恋鏡」
  • 1997年「愛の言葉よりくちづけを」
  • 1997年「薄月夜」
  • 1997年「歌麿」
  • 1997年「朱夏」
  • 1998年「月の盃」
  • 1998年「長良の萬サ」
  • 1999年「酔って候」
  • 1999年「昭和名勝負~炎の村山実篇~」
  • 1999年「愛がいちばん」・・・いしかわさゆり名義
  • 2000年「人生情け舟」
  • 2001年「涙つづり」
  • 2002年「転がる石」
  • 2002年「夢の浮橋」
  • 2003年「湯の花KOUTA」
  • 2003年「陽だまりの詩」
  • 2003年「人間模様」
  • 2004年「星の旅びと」
  • 2004年「一葉恋歌」
  • 2005年「秋のメルヘン」
  • 2005年「居酒屋『花いちもんめ』」
  • 2006年「歌、この不思議なもの」
  • 2006年「かもめの女房」
  • 2007年「狭霧の宿」
  • 2007年「朝花」
  • 2008年「肥後の盆唄~炎~」
  • 2008年「ちょいと・・・」
  • 2009年「惚れたが悪いか」
  • 2009年「桜夜」
  • 2010年「だいこんの花」
  • 2010年「BabyBaby」・・・石川さゆりwith奥田民生
  • 2011年「天の夕顔」
  • 2011年「暁月夜~あかつきづくよ~」・・・feat.石川さゆり
  • 2011年「緑のふるさと」
  • 2012年「浜唄」
  • 2012年「生まれ変わるよりも」
  • 2013年「夫婦三昧」
  • 2013年「愛よ永遠に眠れ」・・・前川清とのデュエット
  • 2013年「紫蘭の花」
今、演歌が熱い!

NHK紅白歌合戦出場歴

石川は、1977年・第28回紅白歌合戦にて「津軽海峡・冬景色」の大ヒットを背景に、デビュー5年目にして初出場を果たします。1983年は産休・臨月間近に入っていたため、同年第34回紅白は出場辞退しましたが、翌1984年・第35回紅白より再び復帰し、2012年・第63回まで29回連続出場しています。通算出場回数は35回で、紅組歌手の中では1位の和田アキ子(36回)に次ぎ、島倉千代子と並び2位タイの記録となっています。白組の五木ひろしと同じく、1985年以降は実力派がひしめく終盤コーナーの常連となり、トリは6回その内1回は大トリを務めています。

演歌は隠れた名曲の宝庫です。古くさいなんてイメージは捨てて、名曲の世界に浸ってみませんか?

演歌を聴こう!
こぶし込めまくりな件
ブラジリアンワックス脱毛 | ブラコレ脱毛の方法 ソフトワックスの場合は、その上に綿の布を当てて、乾かしてから引きはがします ハードワックスの場合は布などは使わず、そのまま乾かして引きはがします 全範囲を一気に行うのではなく、パーツごとにべリッ、べリッとこまめに行います

演歌を聴こう!