演歌を聴こう!


氷川きよし

氷川きよしは、福岡県福岡市南区出身の演歌歌手です。甘いルックスと歌声で、中高年の女性はもちろん、20代の女性からの支持も多く、「演歌界の貴公子」や「若様」などと呼ばれて広い世代から親しまれています。

演歌の名曲

プロフィール

1977年9月6日生まれ。本名、山田清志。レコード会社は日本コロムビア、芸能事務所は長良プロダクションに所属しています。福岡市立大楠小学校・福岡市立高宮中学校・福岡第一商業高等学校を卒業します。2000年2月、日本コロムビア創立90周年記念アーティストとして、「箱根八里の半次郎」の楽曲で演歌歌手としてデビューします。この曲はオリコン演歌チャートで初登場7位を記録します。これは新人としては驚異的な記録で、この曲が高い評価を受け、第42回日本レコード大賞・最優秀新人賞、第33回日本有線大賞・最優秀新人賞など数多くの賞を受賞しました。2001年には「オリコン ウィーク The Ichiban」誌の表紙を担当しました。演歌歌手が同誌の表紙を飾るのは「オリコン・ウィークリー」時代から数えても、村松和子、城之内早苗に続いて三人目であり、男性演歌歌手では初の快挙でした。また、同年には2ndシングル「大井追っかけ音次郎」を発売し、同曲がオリコンシングル総合チャートで初登場8位にランクインします。演歌では、実に8年ぶりの初登場トップテン入りとなりました。歌手活動以外にも、タレント活動や歌謡劇にも積極的に参加しており、2002年にはNHK連続テレビ小説「まんてん」にて、ヒロインまんてんの兄・英雄役で、俳優デビューを果たしています。2003年頃から、通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する氷川の代表曲では、背景映像に氷川本人の出演する映像が多く採用されています。2001年からリリースしている「演歌名曲コレクション」シリーズは発売されるたびにオリコンアルバムチャート初登場ベストテン入りを記録しています。また、シングルにおいても、2001年に発売した「大井追っかけ音次郎」で総合チャートベストテン入りを果たして以降、「氷川きよし」名義のシングルは全てシングルチャートベストテン入りを果たしています。この記録は、演歌歌手では氷川のみが保持している記録となっています。これらの演歌歌手では異例ともいえる数々のヒットを受け、2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリという大役を任されました。

特徴

楽曲

往年の演歌、昭和歌謡やムード歌謡、ポップスやロック調の歌まで、特定のジャンルに囚われず歌に真摯に向き合い、チャレンジしているのが特徴です。「演歌名曲コレクション」シリーズといったカバーアルバムを発表しているほか、歌番組(きよしとこの夜など)では、ポップス系の楽曲も数多く披露しており、「KIYOSHI」の名義でのシングルCDも発表しています。和服よりも洋服で歌うことのほうが多く、また、楽曲には振り付けがなされているのが特徴です。この振り付けは複雑な動きを取り入れず、比較的簡単な手の動きのものが殆どです。これは、幼いファンから高齢のファンまでが覚えやすく、座ったままでも可能な動きを、と考慮されているためです。

容姿

身長178cm、体重62kgと長身で細身のすらっとした体系をしています。デビュー当時は演歌歌手としては異例の、髪は明るめの茶髪にピアスを付け、細身のスーツを着用していました。アイドルタレントのような容姿でデビューしたため、当初は「ビジュアル系演歌歌手」と呼ばれたりもしましたが、浮ついた態度がなく、ひたむきに演歌を熱唱する姿に早くからメディアで取り上げられ「演歌界の貴公子」とキャプションをつけられるまでになりました。その後も、楽曲ごとに工夫を成された衣装や、コンサートなどでみせる王子様のような衣装も個性的で、たびたび話題に取り上げられています。

人物像

両親や祖父母を大切にしており、仕事でも高齢者などの手を取る場面が映されることも少なくありません。また、チャリティーにも積極的に参加しています。幅広い年齢層から支持されており、特に中高年の女性には熱狂的なファンが多い傾向にあります。氷川は常に自分を応援してくれるファンに対する感謝の心を大切にしており、コンサートグッズにも「感謝」の文字が書かれているものが多くあります。今でこそ知名度の高い演歌歌手のひとりとなっていますが、「神出鬼没!タケシムケン」に出演した際には知名度上昇のために街角を歩き続ける企画をし、「箱根八里の半次郎」がヒットする前だったために一般人からの反応が薄く「僕、本当に売れるんですかね?」と不安を述べる場面もありました。

受賞歴

2000年「箱根八里の半次郎」

  • 第42回日本レコード大賞・最優秀新人賞
  • 第33回日本有線大賞・最優秀新人賞
  • 全日本有線放送大賞・最優秀新人賞
  • ゴールデン・アロー賞・音楽新人賞/最優秀新人賞
  • 日本作詞大賞・大賞(作詞した松井由利夫の受賞)

2001年「大井追っかけ音次郎」

  • 第43回日本レコード大賞・金賞
  • 第34回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
  • オールジャパンリクエストアワード・ゴールデンアーティスト賞

2002年「きよしのズンドコ節」「星空の秋子」

  • オールジャパンリクエストアワード・グランプリ
  • 第44回日本レコード大賞・金賞
  • 第35回日本有線大賞・有線音楽優秀賞

2003年「白雲の城」

  • 第36回有線大賞
  • ベストヒット歌謡祭・グランプリ連覇
  • 第45回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞
  • ゴールデン・アロー賞・音楽賞/大賞
  • 東西有線大賞独占V1達成

2004年「きよしのドドンパ」「番場の忠太郎」

  • 第37回日本有線大賞連覇
  • ベストヒット歌謡祭・グランプリ三連覇
  • 第46回日本レコード大賞・金賞
  • 東西有線大賞独占V2達成

2005年「初恋列車」「面影の都」

  • ベストヒット歌謡祭・グランプリ4連覇(4連覇達成は浜崎あゆみに次いで史上2人目)
  • 第38回日本有線大賞3連覇(この受賞でテレサ・テンに次いで2人目、男性歌手としては初めての東西有線大賞3連覇達成)
  • 第47回日本レコード大賞・金賞

2006年「一剣」

  • 第48回日本レコード大賞

2007年「あばよ」「きよしのソーラン節」

  • 第40回日本有線大賞
  • 第49回日本レコード大賞・金賞

2008年「玄海船歌」「哀愁の湖」

  • 第41回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
  • 第49回日本レコード大賞・優秀作品賞

2009年「ときめきのルンバ」

  • 第42回日本作詞大賞
  • 第42回日本有線大賞
  • 第51回日本レコード大賞・優秀作品賞

2010年「虹色のバイヨン」

  • 第43回日本有線大賞
  • 第52回日本レコード大賞・優秀作品賞

2011年「情熱のマリアッチ」

  • 第44回日本有線大賞・有線音楽優秀賞
  • 第53回日本レコード大賞・優秀作品賞

2012年「櫻」

  • 第45回日本有線大賞
  • 第54回日本レコード大賞・優秀作品賞

その他

  • 第14回日本ジュエリーベストドレッサー賞男性部門

ディスコグラフィー

シングル

  • 2000年「箱根八里の半次郎」
  • 2001年「大井追っかけ音次郎」
  • 2001年「きよしこの夜」・・・KIYOSHI名義。
  • 2002年「きよしのズンドコ節」
  • 2002年「星空の秋子」
  • 2003年「白雲の城」
  • 2003年「ラブリィ」・・・中村玉緒とのデュエット。TAMAO&KIYOSHIとしてリリース。
  • 2004年「きよしのドドンパ」
  • 2004年「evergreen(いのちの唄声)」・・・「CROSS CLOVER」のメンバーの一員として発表。
  • 2004年「番場の忠太郎」
  • 2005年「初恋列車」
  • 2005年「面影の都」
  • 2006年「一剣」
  • 2007年「あばよ」
  • 2007年「きよしのソーラン節」
  • 2008年「玄海船歌」
  • 2009年「浪曲一代」
  • 2009年「ときめきのルンバ」
  • 2010年「三味線旅からす」
  • 2010年「虹色のバイヨン」
  • 2011年「あの娘と野菊と渡し舟」
  • 2011年「情熱のマリアッチ」
  • 2012年「櫻」
  • 2012年「最後と決めた女だから」
  • 2013年「しぐれの港」
  • 2013年「満点の瞳」
今、演歌が熱い!

アルバム

  • 2000年「股旅演歌名曲選 氷川きよし/箱根八里の半次郎~風雲編~」
  • 2000年「股旅演歌名曲選Ⅱ/箱根八里の半次郎」
  • 2001年「氷川きよし・演歌名曲コレクション 大井追っかけ音次郎~青春編~」
  • 2001年「氷川きよし直伝オリジナルカラオケ」
  • 2001年「大井追っかけ音次郎」
  • 2002年「氷川きよし・演歌名曲コレクション2~きよしのズンドコ節~」
  • 2002年「銀河~星空の秋子~」
  • 2003年「氷川きよし・演歌名曲コレクション3~白雲の城~」
  • 2003年「男気」
  • 2004年「氷川きよし・演歌名曲コレクション4~番場の忠太郎~」
  • 2005年「氷川きよし・演歌名曲コレクション5~初恋列車~」
  • 2005年「氷川きよし・十二番勝負!~面影の都~」
  • 2006年「氷川きよし・演歌名曲コレクション6~一剣~」
  • 2007年「氷川きよし・演歌名曲コレクション7~あばよ・きよしのソーラン節~」
  • 2008年「氷川きよし・演歌名曲コレクション8~玄海船歌~」
  • 2008年「氷川きよし・演歌名曲コレクション9~哀愁の湖~」
  • 2009年「氷川きよし・演歌名曲コレクション10~浪曲一代~」
  • 2009年「氷川きよし・演歌名曲コレクション11~ときめきのルンバ~」
  • 2010年「氷川きよし・演歌名曲コレクション12~三味線旅がらす~」
  • 2010年「氷川きよし・演歌名曲コレクション13~虹色のバイヨン~」
  • 2011年「氷川きよし・演歌名曲コレクション14~あの娘と野菊と渡し舟~」
  • 2011年「氷川きよし・演歌名曲コレクション15~情熱のマリアッチ~」
  • 2012年「氷川きよし・演歌名曲コレクション16~櫻~」
  • 2012年「氷川きよし・演歌名曲コレクション17~最後と決めた女だから」

演歌は隠れた名曲の宝庫です。古くさいなんてイメージは捨てて、名曲の世界に浸ってみませんか?

演歌を聴こう!
こぶし込めまくりな件

演歌を聴こう!