演歌を聴こう!


阿久悠

演歌の作詞欄を見ると、ずらりと阿久悠の名前が並んでいます。演歌だけでなく、ピンクレディーの「UFO」や尾崎紀世彦の「また逢う日まで」など数々のヒット曲を生み出し、作詞家としてだけでなく放送作家、小説家などマルチな才能をもち幅広い分野で活躍していました。演歌の作詞には欠かせない人物でしたが、2007年に惜しまれつつこの世を去りました。

演歌の名曲

プロフィール

1937年2月7日生まれ。本名、深田公之。阿久悠のペンネームの由来は「悪友」からです。また、多夢星人(たむせいじん)の変名も使用していました。両親とも宮崎県の出身です。幼少期は兵庫県警巡査であった父親の仕事の都合で、いずれも津名郡内ではありますが、数年おきに転居を繰り返していました。兵庫県立洲本高等学校を卒業し、明治大学文学部に入学します。大学を卒業後、広告代理店・宣弘社でコピーライター・CM制作を手がけながら、1964年から放送作家としても活動を始めます。1966年に宣弘社を退職し、放送作家、作詞家としての活動を本格化させます。音楽番組の台本を書いているとき、歌われる歌の歌詞を写しながら、作詞の勉強をしました。また番組の企画書を書かせたら日本一とも言われたほどでした。歌詞の処女作はザ・スパイダースのグループ・サウンズデビュー曲「フリフリ」のB面である「モンキーダンス」でした。本格デビューはザ・モップスの「朝まで待てない」です。このタイトルの由来は曲の締め切りが朝に迫っていたことからつけられたのだそうです。その後、作詞家として数々のヒット曲を送り出します。生涯、作詞した曲は5000曲以上で、ジャンルは演歌、アイドル歌謡曲、フォークソング、コミックソング、アニメソング、CMソングと幅広く手がけました。また、日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」に番組企画・審査員として関わりました。「スター誕生!」の特徴的な企画は各芸能プロダクションの担当者が目に付いた出場者に札を挙げるというものでしたが、あのスタイルを考えたのは阿久自身でした。「密室でタレントを選考する過程を全てガラス張りにして芸能界を裸にしよう」と提案したのだそうです。1977年には子供の歌を作りたいと「ぱくぱくポケット」というシリーズを手がけ、「おはよう!こどもショー」のコーナーでも歌われていました。これらの作詞経験から「感動する話は長い、短いではない。3分の歌も2時間の映画も感動の密度は同じである」との言葉を遺しています。しかし、1980年代に入りニューミュージックのアーティストが台頭し阿久等がつづった叙情よりも感性や実体験の詞がうけるようになり、さらに後進の作詞家である松本隆や秋元康が台頭すると、阿久の売上げは苦戦を強いられるようになります。以降は小説執筆や演歌の作詞などに比重を移しました。直木賞候補となり映画化もされた「瀬戸内少年野球団」など小説も手がけ、1982年には「殺人狂時代ユリエ」で第2回横溝正史ミステリ大賞を受賞します。1997年に刊行された短編小説集「恋文」、長編小説「ラヂオ」はその後ラジオドラマ化され、特に「ラヂオ」は第38回ギャラクシー賞ラジオ部門優秀賞を受賞するなど高い評価を受けました。1997年、30年間にわたる作詞活動に対して、日本文芸振興会主催による第45回菊池寛賞を受賞しました。さらに、1999年春には紫綬褒賞を受賞。2000年10月には、掌編小説集「詩小説」にて第7回島清恋愛文学賞を受賞しました。2001年に腎臓癌を患い、同年9月12日に癌の摘出手術を受けました。それ以後は癌治療を受けつつ、病身を押して活動を続けましたが、2007年8月1日、尿管癌のため東京慈恵会医科大学付属病院で死去しました。70歳でした。日本政府は、阿久の多年にわたる歌謡界への功績を高く評価し、死去した2007年8月1日に遡って旭日小綬賞を授与することを決定しました。また、第49回日本レコード大賞では特別功労賞、第45回ゴールデン・アロー賞では芸能功労賞が贈られました。

人物像

演歌、アイドル歌謡曲、フォークソング、コミックソング、アニメソング、CMソングと幅広い作詞のジャンル、日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」などの番組企画など芸風が多彩なのは、広告代理店勤務時にコピーライターをしていたことを活かした商品の特長や特性別に書分けてコピーを作ることと、歌手や番組もひとつの商品として捉えて歌詞を作り出す方法を取っているためで、それが幅広いジャンルに様々な作品を作り出しました。好きな映画は「ニューシネマ・パラダイス」であり、自身の「瀬戸内少年野球団」との共通点についても言及しています。漫画原作者として「悪魔のようなあいつ」を手がけています。同作は連載中に沢田研二主演でテレビドラマ化されました。主題歌は沢田研二の「時の過ぎゆくままに」でした。長年、産経新聞「正論」のメンバーとしても活動しており、生活面に「阿久悠 書く言う」というコラムを、亡くなる約2ヶ月ほど前の2007年6月9日まで執筆・掲載し、没後に「清らかな厭世-言葉を失くした日本人へ」と改題され出版されました。2010年3月22日には、出身地である兵庫県洲本市五色町の複合公園「ウェルネスパーク五色」に阿久が作詞した「あの鐘を鳴らすのはあなた」をモチーフとして顕彰モニュメント「愛と希望の鐘」が設置され、同曲の歌手・和田アキ子と作曲家・森田公一らが出席して除幕式が行われました。

野球について

「瀬戸内少年野球団」でも分かるとおり、野球ファンであり、プロ野球では阪神タイガースのファンで阪神を題材にした小説「球臣蔵」を執筆しているほどです。しかし、西武ライオンズ・福岡ダイエーホークスの球団歌は手がけながら、生前に阪神の応援歌は発表していませんでした。しかし、没後の2010年6月になって、1992年に作詞した「野球狂~拝啓タイガース様」という歌の存在が明らかにされました。また、「くたばれジャイアンツ」という曲を作詞し、フィンガー5に提供しています。なぜか、ヒット曲では「ピンポンパン体操」「サウスポー」と王貞治に縁がある作品を手がけています。また、1979年から2006年まで、夏の野球期間中、スポーツニッポン新聞に「甲子園の詩」と題して、夏の高校野球出場高校及びその選手等を題材にした抒情詩を掲載していました。

主な記録

日本レコード大賞

日本レコード大賞での大賞受賞曲は作詞家として最多の5曲でした。

  • 1971年「また逢う日まで」尾崎紀世彦
  • 1976年「北の宿から」都はるみ
  • 1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
  • 1978年「UFO」ピンク・レディー
  • 1980年「雨の慕情」八代亜紀

日本レコード大賞・作詞賞

日本レコード大賞の作詞賞受賞は7回で最多記録となっています。

  • 1973年「ジョニィへの伝言」ペドロ&カプリシャス、「じんじんさせて」山本リンダ
  • 1975年「乳母車」菅原洋一
  • 1985年「夏ざかりほの字組」Toshi&Naoko(田原俊彦・研ナオコ)
  • 1986年「熱き心に」小林旭
  • 1990年「花(ブーケ)束」八代亜紀
  • 1994年「花のように鳥のように」桂銀淑
  • 1996年「蛍の提灯」坂本冬美

日本作詩大賞

日本作詩大賞は8回の受賞で、最多記録となっています。

  • 1974年「さらば友よ」森進一
  • 1976年「北の宿から」都はるみ
  • 1977年「勝手にしやがれ」沢田研二
  • 1981年「もしもピアノが弾けたなら」西田敏行
  • 1982年「契り」五木ひろし
  • 1984年「北の蛍」森進一
  • 1988年「港の五番町」五木ひろし
  • 2002年「傘ん中」五木ひろし
今、演歌が熱い!

オリコン

1977年6月20付けのオリコンシングルチャートで、阿久悠作詞の「勝手にしやがれ」が首位を獲得しました。それ以降、12月5日付首位の「ウォンテッド(指名手配)」まで25週連続で阿久悠作品が首位を獲得し、ほぼ半年にわたり首位を取り続けるという前人未到の記録を打ち立てました。また、この年は他に「北の宿から」、「青春時代」なども首位を獲得。阿久悠作品は年間39週首位を獲得しました。また、阿久悠作品のシングル売上げ枚数は6831.9万枚にものぼり、作詞家としては歴代2位を記録しています。

シングル売上げTOP10

  • 1位・・・「UFO」ピンク・レディー
  • 2位・・・「サウスポー」ピンク・レディー
  • 3位・・・「北の宿から」都はるみ
  • 4位・・・「ウォンテッド(指名手配)」ピンク・レディー
  • 5位・・・「モンスター」ピンク・レディー
  • 6位・・・「青春時代」森田公一とトップギャラン
  • 7位・・・「渚のシンドバッド」ピンク・レディー
  • 8位・・・「また逢う日まで」尾崎紀世彦
  • 9位・・・「時の過ぎゆくままに」沢田研二
  • 10位・・・「勝手にしやがれ」沢田研二

チャート独占

1977年12月5日付けのオリコンシングルチャートでは、阿久悠作詞の楽曲が100位までに16曲チャートインしました。

  • 1位・・・「ウォンテッド(指名手配)」ピンク・レディー
  • 4位・・・「憎みきれないろくでなし」沢田研二
  • 9位・・・「思秋期」岩崎宏美
  • 12位・・・「気絶するほど悩ましい」Char
  • 16位・・・「暖流」石川さゆり
  • 19位・・・「津軽海峡・冬景色」石川さゆり
  • 23位・・・「東京物語」森進一
  • 26位・・・「勝手にしやがれ」沢田研二
  • 33位・・・「ワインカラーのときめき」新井満
  • 39位・・・「渚のシンドバッド」ピンク・レディー
  • 42位・・・「宇宙戦艦ヤマト」ささきいさお
  • 45位・・・「ボタンを外せ」西城秀樹
  • 48位・・・「能登半島」石川さゆり
  • 69位・・・「薔薇とピストル」ギャル
  • 70位・・・「過ぎてしまえば」森田公一とトップギャラン
  • 95位・・・「ほたる坂」清水由貴子

演歌は隠れた名曲の宝庫です。古くさいなんてイメージは捨てて、名曲の世界に浸ってみませんか?

演歌を聴こう!
こぶし込めまくりな件

演歌を聴こう!